Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

約トルクメニスタン

シルクロード―「むかし」と「いま」をめぐる旅

 

ВЕЛИКИЙ ШЕЛКОВЫЙ ПУТЬ: ИЗ ГЛУБИН ИСТОРИИ ДО СОВРЕМЕННОСТИ

 

西のと東の対話文化と貿易関係を供給して、シルクロードの分岐させた隊商はヨーロッパとアジア、地中海から中国まで交差した。シルクロードの張れている幹線地所は中央アジアから、それでトルクメニスタンの領土を含めて走りました。その隊商は、(Murgap derýa bilen Amyderý)ムルガブ川とアムダリャ川を交差して、(kakakum)カラクム砂漠から行って,中国から絹、インドからスパイスや宝石、イランから銀の制作、ビザンチンの絵画、アフロアラビアからセラミックスやいろんな商品を積めた。その途中でモスクやカラバンーサライ、貿易や工芸品集落、裕福な都市が見つかった。

当時の証人でたくさんの歴史的な記念碑、それを含めて、古代と中世の真珠が残って、その古いワス、(Köne ürgenç)クニャウルゲンチと古代の(Merw)メルブが国連教育科学文化機関の文化遺産のリストに書いた。その研究のおかげで古代の歴史が再建されて、経済と生活と文化が学んで来た。このような大きな都市二サ、デヒスタン、(Merw)メルフ、サラフス、アムリ、クニャウルゲンチにある約25の記念碑を国連教育科学文化機関の文化遺産にいれた。

主にこのキャラバンーサライ、モスクや聖地などは旅行者のお祈るために停止したところだった。

大きな都市から交差したシルクロードのおかげでその貿易とクラフトが発展された。メルフ、サラフスとニサは貿易金銭が発展したところだと言及されます。大きな都市の(bazar)バザールは貿易のセンターとして、最も一般的な様子はウィービングだった。織物はウール,亜麻、コットンとシルクで製造されました。メルフ、(nissa)ニサ、(Abiwerde)アブウェルドで製造した織物は一番の贅沢だった。織に加えて、都市にはガラスと陶器、レザー、宝石生産が国内だけのじゃなくて、海外市場にも提供された。

トルクメニスタンの中世の都市は貿易を発展するために巨大な役割を果たしています。商品交換だけでなく、その伝統、技術、意見、知識、トルクメン文化の発展にも助けました。