Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

AHAL アハル

シルクロード―「むかしいまをめぐる旅―

古くから東西の交易路として発展してきたシルクロード。現在では、現代的な建物も多くなり、「むかし」と「いま」が融合した地になりつつあります。シルクロードの「むかし」と「いま」をめぐり、新たなシルクロードの魅力を発見しませんか。

 

ニサ(ヌサイ)(Nissa)-ペルシア帝国の首都

アシガバット トルクメニスタンの首都。トルクメニスタンの政治、産業、文化の中心地である。

 

アシガバット国際空港(Aşgabadyň halkara howa meňzili) 2016年に完成した新しい国際空港。五階建ての第一ターミナルの面積は約190000㎢で、収容人数は約1400万人、第二ターミナルの収容人数は約300万人である。貨物ターミナルは約20万トン貨物収容能力がある。2本の滑走路の長さは3800メートルで、国軍関連施設が併設されている。最新の航空設備があり、様々なタイプの旅客機、貨物機の離着陸が可能。空港では、高いレベルのサービスを提供している。

 

 

 

(Altyn asyr bazary) アルティンアシュールバザール アシガバット最大のバザール。2011年にオープン。現地では「ノーワヤトルクーチカ」と呼ばれる。バザールはアシガバットの北5キロのところに位置し、近くには「チョガンリ」という集合住宅がある。市場は形がトルクメンの絨毯の模様に似ていると、空から見える。市場はたくさんの部門に分かれていて、総面積は154ヘクタールある。トルクメン語で“アルテインアシル”は黄金時代と言う意味である。東洋バザールの真ん中にはお客様が自分の位置を測定できるための高い時計台がある。市場の建て物は古典的な東洋建築様式に建設された。アルテインアシル東洋バザールは必要な施設がある広大なショッピングセンターである。バザールの中にはホーテル、たくさんの喫茶店やレストランなどある。バザールは一番高度された通信網と輸送をそなえている。アルテインアシルバザールで欲しい物が何でも見つけられる:豪華なトルクメンの絨毯、伝統的な服や帽子、工芸品、織物、宝石、大理石の彫像。

 

エルトグルルガジモスク(Ertogrul Gazy metçidi)は特色のあるモスクである。ムハッレムヒルミシェナリプという有名な建築家の計画通りに建設された。そのムスクはオスマン帝国の時代のモスク様式に基ついて建設だれた。建築家はそういう様式をトルクメニスタンに復活することにした。モスクの壁はコンクリートで仕上げてある。モスクの建設のために手工業者と専門家の製作品も利用された。さらには古代から個体性で有名である白い大理石も利用された。モスクの外面の壁は炭酸カルシウムを含んでいる石で上塗りされた。この石は壁にステンレスを使って付いている。

 

 

ハルクハキダシ (Halk hakydasy:国民記念広場) ギョクデペの戦い、第二次世界大戦(1941年-1945年)、及びアシガバット地震(1948年)を記念する広場。アシガバットの南西にある。2012年9月からトルコの建設会社により着工、10月に広場の名称が決定、2014年に完成し、10月6日にはグルバングリ・ベルディムハメドフ大領領の参加の下、広場の開幕式が行われた。広場は、縦がおよそ916メートル、横がおよそ626メートル、面積650000㎡と広い。広場には、ギョクテペの戦いの戦功者、第二次世界大戦及びアシガバット地震の犠牲者を追悼するための記念碑、

記念館、モスクがある。噴水、芝生、花壇、遊歩道などもあり、散歩を楽しむこともできる。夜は記念碑がライトアップされる。トルクメニスタンの大統領グルバングリベリデイムハメドフの参加の下に。中には1941-1945年の大祖国戦争の勝利,ギョックデペ戦闘の英雄たち、1948年のアシガバットの地震の犠牲者の記念に建設された記念碑がある。記念碑の近くに記念館とイスラム教の礼式を行うための建物がある。記念碑の近くにははいろんな噴水、芝生、花壇、遊歩道、ベンチなどある。夜に、記念碑は投光機に照明されている。

 

 

 

国立文化センターの国立博物館(Döwlet medeniýet merkeziniň döwlet muzeýi) トルクメニスタンで独立時代のとき建設された第一の博物館である。博物館の美しい建物はコペツダグという連山の近くにある。建物は青いドーム状の屋根がある。

博物館の中央にトルクメニスタンの歴史に関する展覧会がある。入館者はトルクメニスタンの歴史について面白い話を聞きながら、歴史のあらゆる本物をみられる。博物館の自慢の種はニサやメルフなど古代的な町の考古学の調査のとき見つかった希少価値の歴史的なものである。パルテイアのユニークな美術品がある:アテネ、エロス、はげたか、わしの黄金と金で作られた精緻な像がある。象牙で作られたリトナはパルテイアの一番有名な美術品である。

国立博物館の民俗誌学館にはダショグズ州のキャネウルゲンチ郡で落ちた820キログラムであるキャネウルゲンチ隕石とトルクメニスタンで見つかったあらゆる化石などある。一番古い物は27000万年の古生代の木の部分である。動物植物界のたくさんの種類は陳列された。

民俗誌学館にはトルクメンの伝統的な日常用いる道具、服、兵器、楽器、手書きの本がある。特別な模様がある美しい女性の絹の衣服もある。その模様はトルクメンの自然を表す。17世紀からあつまりはじめた宝石製品のコレクションは1500製品以上を含んでいる。その宝石製品は女性の美しさのためにだけではなくて、古代的な秘密の意味もある。グッパ、アダムリク、エグメ、グリヤカ、ツマル、ダグダン、チェケリクというあらゆる昔の宝石がみられる。宝石は強い印象を残る。

アシガバット市,アルチャビル街、30

営業時間9:00-18:00

休憩時間13:00-14:00

休日:土曜日と日曜日、火曜日-入館できません

博物館までに9,20,34、37,42、56番のバスがくる。

 

トルクメンの絨毯館(Türkmen halysynyň muzeýi)は アシガバットの中心部にある。面積は2000平メトールある。300台以上の絨毯が陳列されている。絨毯館には1000くらい絨毯が保存されている。一番面白い絨毯はギネスブックに載っている絨毯である。たくさんのエルサリ、ヨムヅの絨毯が陳列されている。トルクメンの絨毯の美術の歴史について話したら、絨毯の美しさは歴史を装飾したと言った方がいいです。13世紀で生きた有名な旅行家ムルコポロが自分の本そういうことを書いた:“この地域には一番薄い、豪華なあらゆる色の絨毯がある。。。”

トルクメンの絨毯は作り方や美学的見地からすると、骨董品である。トルクメンの絨毯の長所は絨毯の暑さです。一平メトールのために20-40万結び目が必要です。絨毯の暑さのおかげで、絨毯の色も模様もはっきりみえる。

トルクメンの絨毯にはもう一つ長所がある。年が経つにつれて、絨毯の色は一段と優美になって、表面はビロードように柔らかになる。

 

ニサ(Nissa)はコペツダグ連山の麓にある古代の町である。パルテイア(3世紀に興したアジア南西部カスピ海南東にあった古代国;3世紀にペルシアに征服された;現在のイランとトルクメニスタンの一分)という大きいな古代国の第一の首都だった。ニサにはたくさんの宮殿、寺院、宝庫、ワインセラーや倉庫などありました。町の外面の壁の厚さが8-9メトールで、43直角の展望台があった。

 

コウーアタ日本語で”洞窟のお祖父さん“という意味である。洞窟の長さは250メトールある。洞窟の面積ほとんどは湖である。バハルデン洞窟は地質年代がとても古くて、下部には温泉がある。

 

古代のサラフ(Gadymy Sarahs) はテジェン川の上流にある古代の町である。サラフスオアシスの入植は銅右併用時代に始まった。その古代の町の歴史には開花もあって、凋落もあった。サラフスには11世紀から12世紀まで中央アジアでユニークな建築派が存在した。サラフスの建築家が有名なことのあまりのおかげで、イランと中央アジアのいろんな町にユニーかな建物を建設するためにさそわれた。

 

ギョックデペ要塞(Gökdepe galasy) はトルクメンのテケという部族の防御要塞である。要塞は1879年にアシガッバトの北西45キロのところに建設された。要塞の壁は塹壕に囲まれた粘土に敷いた盛り土。壁の高さは4メトールで、太さは5から10メトールまで。要塞の周囲は4,4キロである。要塞の領土(40ヘクタール)平らだったのに、北西には古代の丘があった、南には付属建物を含めた農家と井戸が有った。包囲されていたとき、要塞で4万500人があつまった。

 

ミャネーババの霊廟 (Mäne babanyň mawzoleýi)トルクメニスタンの一番重要な歴史的な建造物の中には現在のアハル州のカアカ区のミャネという村にあるアブサイヅメイヘネの霊廟もある。ミャネーババ墓として知られているとこである。アブサイヅメイヘネの霊廟はセルジューク国家の隆盛していたホラサン州のメフネという中世の町に建設された。霊廟はアブサイヅイブンハイラという有名なイスラム教主教(968年-1049年)の墓の上に建設された。

 

アニョワ(Änew)銅右併用時代の遺跡はトルクメニスタンの南にある、主にギジゥアルバットとテジェンの間にある。その中でアニョワウの北にある丘もある。1904年にアニョワウにパムペッリというアメリカの考古学者の下で学術探検が行わった。彼は丘を研究して、その丘を4時代に分かれて、アニョワウ文化を発見した。

 

 

 

 

セイットジェマレッヂンのモスク(Seýitjemalletdin metjidi) このモスクはとても複雑で、同時にモスク、マドラサ(イスラム諸学を教える高等教育機関),墓地だった。モスクの表玄関でスゥタンアブリカシムバブルというホラサンの支配者(1446年-1457年)の名前が書かれている:”この建物はアブリカシムバブルバハヅルハンという偉大な支配者の時代に建設された、神様のご加護がありますように “

セイットジェマレッヂンは日本語で“美しさの家”という意味で或。他の歴史的な文書を読んだら、ムハッメットという人間は1455-1456年間でジェマルエッドヅンヤワッヂンというお父さんのためにそのモスクを建設した。

 

アルチンデペ(Altyndepe)ー現在のアハル州のカアカ村とチャチェ村の間にあった紀元前に発生した古代の町である。アルチンデペに礼拝堂、要塞、住宅、手工芸の建物がありました。特に手工芸と金属加工がはってんした。金属溶解の方法が発見された。金属加工の発展は農業の発展に影響を与えた。工業の発展は私有財産の発生に導いた。それは社会の発達のためによかった。判子の生産、金属で、象牙で作られた宝石の生産が町の特色だった。町にみつかった判子は私有財産の実例である。アルチンデペとナマズガデペ古代の町には主に女の姿の彫刻が発見された。各家庭にはそんな彫刻がありました。町の住民はその彫刻を崇拝して、成功を収められると信じた。

 

メイヘネ(Meýhene)は11-12世紀に開花していた古代のハウェアン州の主要な町だった。アビウェルトとサラグト結ぶ道の近くにあった。メイヘネの周囲にいろんな穀類が育った。1040年にイドリスという隊商宿泊地に穀物を計るために秤が40台ありました。メイヘネでアブセイットというイスラム教主教がすんでいた。彼はチャグリベクとトグルルベクというセルジューク国家の支配者を支えた。だから、セルジュークの支配者はアブセイットの霊廟に気を付いた。

 

11-12世紀に町の高い丘にアーチ(せりもち)が建設された。要塞の壁囲まれた半円形のやぐらがあるアーチだった。アーチの南にモスクが建設された。アブセイットはモスクの近くにイスラム教の礼拝堂が建設した。アブセイットの死の後で、霊廟も建設された。

 

サラフス(Sarahs)(サラグト) サラフス州の中央町で、テジェン川の上流に、シルクロードのニシャプルとメルウという古代の町の間にある。人はサラフスに銅右併用時代に移り始めた(紀元前4世紀)。紀元前1世紀の中頃にサラグトの代わりに第一の村が発生した。サラグトは紀元前2世紀にわたってパルテイアという古代の国に支配されて、シリケンという名前がついた。サラグトはアラブ侵略者に支配し始めて、中央アジアの支配者の相続人が教育を受けられるようになって、サラグトは重要性が高まった。シルクロードの道路はサラグトまで延びて、町の経済は発展し始めました。サラグトは人口の多いい大都会になった。町の面積は120ヘクタールだった。

サラグトは12メトールの集落に囲まれた。その集落は産業街に囲まれた。サラグト建築家の職人芸は有名だった。

 

アブルーファズラの霊廟(サラグトババの霊廟)(Abul Fazlanyň(Saragt babanyň)mawzoleýi)ギョウログリベクの支配のとき、サラグトの建築家の能力が進歩した。サラグトの建築家はイランと中央アジアのいろんな町に豪華な建造物を建設した。アブルーファズラの霊廟もそんな建造物の実例である。その霊廟はサラグトババの霊廟と言われている。その霊廟は11世紀にサラグトの近くに1023年に亡くなったアブルーファズラというイスラム教の進学者の墓の上に建設された。

 

アビヴェルド(Abiwerd)は北のホラサンにあった古代の大都会の一つである。アラブ侵略者が支配のときからアビヴェルドについて史料でたくさん書かれている。マクヂシという歴史家はアビヴェルドはニサのほうがよいと思った。アビヴェルドにはバザールがあって、バザールの真ん中にモスクがあった。

フヅドアリーアェムというペルシアの地理的な記録にはアビヴェルドは広い小麦畑だと書かれていた。11世紀ホラサンを支配するためにセルジューク民族とガズナウィ民族が戦っていた。セルジュークのトグルルベクという支配者とガズナウィのマスドスルタンが時々アビヴェルドを訪れたことがある。アビヴェルドの考古学的な発掘のとき、古代の町の南西と北西に職人街が発見されて、たくさんの金属製品が見つかった。街の中心に建造物の廃墟の中で女性の宝石細工が見つかった。それは宝石店のあったの証拠である。

アビヴェルドという中世の町は(カカの鉄道の近くにあるペシダグ市)城壁と半円形のやぐらをめぐらしている。敵が町に入らないように城壁は水を含む塹壕に囲まれている。町は四角の形で建設された。町の門は南西にある。町の中心には12世紀に建設されたモスクがある。

半円形のやぐらに囲まれたアーチは城壁の北東にある。町の西と南に職人街があった。バザールには職人と遊牧民が貿易した。