Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

BALKAN バルカン

アワザ(トルクメンバシ市)トルクメンスタンの至宝

(Аваза – жемчужина Туркменистана)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワザ(Awaza)(トルクメンバシ市)トルクメンバシ市の国際空港に到着している乗客はアワザの素晴らしい風景を見られる。

アワザという国民の観光都市はトルクメンバシ市の12キロのところにあるカスピ海の東にある観光都市である。バルカン州のトルクメンバシ市のアワザ区である。

デヒスタン(Dehistan)(マシャドーミッシリアン)ギョウログリベクという支配者のとき現在のトルクメニスタンの西にあるエトレッコ区にはデヒスタンという古代の州のミッシリアンという首都がありました。ミッシリアンの7キロのところにマシャドという墓地の廃墟もあった。

古い記録によれば11-12世紀にアビヴェルドはホレズムに支配されて、栄えた。モンゴル人の侵略の後にも町の生活が続いたのに、15世紀に町の生活が亡くなった。鉄器時代のときエトレッコ川の下流にあったデヒスタンという古代の州は人口が多いところだった。デヒスタンの住民はたくさんの灌漑用水路と堤防を建設された。一番大きい灌漑用水路の幅は5-7メトールで、深さは2,3-2,7メトールで、長さは10メトールぐらいだった。古代の地理記録によれば、デヒスタン州はギルカニヤという古代の国の一部だった。カスピ海の南東にある地域はギルカニヤと言われた。ギルカニヤは歴史に大きな影響を与えた。例えば、はるか昔にはカスピ海の名前はギルカニヤ海だった。

 

なマズガモスク(Namazga depe metçidi) 1970年代にアタガッリエフという考古学者の下での発掘のときナマズガモスクの廃墟が発見された。そのモスクはおそらくトルクメニスタンの一番古いモスクである。考古学記録によれば、モスクは10-11世紀に建設された。れんがで建設された直径6,5メトールのやぐらが残った。

 

シルカビルモスク(シルカビル霊廟)(Şirkabir metçit-mawzoleýi)デヒスタンの保存状態のよい史跡で、トルクメニスタンの建築の歴史に重要な建造物である。ドーム状の屋根がある建造物の高さは11メトールである。そのモスクは同時に争議場とモスクだった。モスクの壁の模様を見て評価すると、そのモスクは10世紀に建設されたと言える。

パラウ(フェラワ)という古代の町は現在のセルダル区のパラウ村の近くにある。史料によれば、アブドッライブンタヒルという830年から844年まで支配した国王がパラウ要塞を建設した。

10世紀の歴史家そういうこと言った:“パラウはオグズ民族からの攻撃から町を守るために要塞である。要塞は住民地点から遠い。要塞にはモスク、武器を持参する国境守備丘たくさんいる。要塞の人口は1000人以下である“。

要塞は遊牧民族の攻撃から守って、ホレズムとホラサンという中世の町の間に貿易センターだった。10世紀の歴史家によって、パラウでの生活は栄えた。町には下水があった。パラウで見つかった銀貨を見て評価すると、町は10-11世紀に経済的に政治的に発展した。そのとき、パラウはホレズムの一部になった。

11-12世紀にイスラム教が普及していたとき、宗教的な建造物がたくさん建設された。パラウにもたくさん建造物があった。一番興味をそそられる建造物はパラウモスク(ビビの霊廟)である。ビビの霊廟はコペットダグ平地にある。

ヤンギガラ大峡谷(Ýangy gala kanýony)ーバルカン州の北西に、ウスツルト高原のに、ガラボガズゴル湾の南にある山地(トルクメンバシ市の160キロのところに、 バルカナバド市の165キロのところにある)。

蜃気楼のような山地だと言ったほうがいい。。数百万年前にその地方はテチスという古代の大洋の底だった。現在のカスピ海はその古代の大洋の後継者である。峡谷はとても珍しい山地である。昼夜によって、岩石の色は目の前で白いから赤いに変わっている。夕焼けのとき、岩石は火色になる。中国にもそんな“火の山”というところがある。

 

 

泥浴の火山(Грязевые вулканы)はバルカン州の驚くべきのところである。泥浴の火山は炭化水素ガスを出しながら、硬質の物質と砂質粘土性の物質を出している。それ故、グムダグ、ボヤダグ、モンジュクリという山塊と平原ができた。トルクメニスタンの南西は新第三紀にできた地域で、粘土質層の厚さは10-12キロである。カスピ海の南の沿岸地方に泥浴の火山が30あると、10の火山は活火山である。

モッラカラ療養所(Санаторий Моллакара)はサラカミッシ湖から流れるカスピ海に注ぐウズボイ川の岸にある。療養所は植物の少ないカラクム砂漠に囲まれた。モッラカラの15キロのところに小バルカンという連山がある。モッラカラの30キロのところにカスピ海がある。19世紀の90年代に、中央アジアの鉄道の建設中のとき、モッラカラの塩を含むたくさんの湖は注目されていた。薬効のある泥ではなくて、塩の採掘は注目された。モッラカラの湖のいくつかにはたくさん塩がある。冬に湖の水位が上がって、湖の面積が増大して、湖のいくつかの長さは数万キロになる。夏に湖の水分が蒸発して、湖の面積は減少する。湖の底には1メトールの塩の層が出来上がる。だから、モッラカラの湖の天然資源の開発は塩の層の開発から始まる。