Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

古代のアムリ(Amul) -古代と中世の一番重要な簿井道である

ДРЕВНИЙ АМУЛЬ  - важнейшей торговой артерии древности и Средневековья.

 

ДРЕВНИЙ АМУЛЬ古代のアムリ ー トルクメンアバット都市はアムダリャ川の岸にある。町の発生はずっとの古代に関している。町の発生は紀元前3世紀に出現した、一中国から中央アジアと北のイランまで行って来た有名なシルクロードと関連できた。

現在のトルクメンアバット市の近くにあるアムリ村は昔に貿路の途中であった1500年にわたって存在した古代の町だった。もともとその町はトルクメンアバットと言われないでアムリと言われた(アムエ)。東洋記録にその町は“ム”と言われた。第一にその町には渡し場があって、たくさんの貿路が交差した。その町には行くとインド、ホレズム、東欧へ出られる道路があった。

考古学の材料は 古代のアムリは 大きくて、人口が多い村だった、そこでクラフトが開発して、銅のコインが鋳造したと示している。

アムリ都市は紀元前VII世紀にアラブカリフの組成に入った。それについてアラブの著者はもっとも興味ある情報を報告している。アムリにあるジェイフン(アラブのひとはアムダリャと呼んだ)川には便利な渡し場があっただから、地理学者イズタフりはアムリは“大きくて、豊富な”都市と書いた。ほかの著者ヤクットは“アムリからたくさんの科学者が出た”と指した。

この言明はアムリはその時代の著しい文化センターとあったと示している。

キャラバンーサライ ダヤハテゥン(Karavan-saray Dayahatyn) - 貿易は中央アジアの中世時代に重要な役割を果たって、貿易キャラバンに実行された。大きなキャラバンーサライは様々な機能を遂行した:道端のホテル、商品の倉庫、攻撃の強化、時々地元の支配者の住宅だった。

キャラバンーサライは中世建築学のユニークな記念碑で、ダヤハテゥン(バイハテゥん)名前と知られている、アムダリャ川の左岸に、トルクメンアバット都市の173㎞北に位置している。

ダヤハテゥンはシルクロードの主要道路の一つで貿易と戦略拠点と奉仕した。ここから土地キャラバンだけじゃなくて、商船も渡されました。

そのキャラバンーサライはトルクメニスタンで唯一のよくほぞんした、XI-XII世紀の特徴な記念碑だった。

アスタナ- ババ(Astana-Baba) - これは、同じ名前の古代集落の領土に位置して、バルフからゼッムとアムリまであるシルクロードの主要道路の一つである。

研究によって、数世紀に渡って遺物がよく再建された。XII世紀に指してあるモスクとポータルはその最も古い部分である。複合体は当時の有名なマスターハズレットイベンーアリヌルオグリの建設活動と関連している。

コイテンダッグ(Koytendag) ー トルクメニスタンで一番高い山です。その表面は、かつて海の底でした。それに生息した生物は永遠に化石と残った、地球地質学のサイレント証人である。

まれな美しさの洞窟カップ-クタン、ホシムーオイク、グルシリンとほかの自然の洞窟は現在観光工業の主な資源である。そこで、ちかのみずみに希少な洞窟の魚(自然の目を失った)が住んでいる。以上3キロのホシムーオイク洞窟はコイテンダッグの西側斜面の一つである。長さは5以上50kmあるカップ-クタンどうくつはコイテンダッグの一番最大なのです。

コイテンダッグの西側斜面の北にはミつま先トカゲの明確足跡の多数の直積がある。そのあしあとは1.5億年前住んでいた、ジュラ紀の爬虫類に属される。コイテンダッグは神殿なところである。カイナルーババみずみ、ダライ‐デレ峡谷、キリクーキズ(40女)(40 gyz)、40メートル高さのウムバルデレ、ウナビ木立は神殿なところである。

(Dinozwr aýak yzlary)恐竜の足跡 - ホジャピルむらの高原にある恐竜の足跡はコイテンダッグ山脈の特殊な観光地です。雨は、粘土層を洗われて、視線にたくさんの恐竜の足がある古代の海の岸が出した。小領域の高原は20から70cm大きなミつま先の足跡踏みになった。科学者はその痕跡をジュラ紀(140-145億年前)3つの恐竜は残したという。その時ここで豊かな植物性の浅いラグーンが恐竜を引き付けた。ホジャピルの高原は今改良区になっている。その恐竜がいたところは今は海抜2000メートルにある。

レぺテック (Repetek) 生物圏保護区 - はカラクム(Karakum)の南西に、トルクメンアバット市から70メートル南西に、レぺテック駅にある。その行方は海抜185-220メートルである。それは砂漠にある一つの保護区であって、その広場は34600ヘクタールです。砂漠の生態系と気候の組み合わせによって保護区はアジア温帯ベルトの得意砂漠地帯として異なっている。