Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

古代のメルブ(Merv):シルクロードで

ゴヌルデぺでマルグシ(Margush(Margiana) in Gonurdepe ― 1974年に “マルギアナ” という遠征トルクメニスタンのりょうどで始めた。より多い60年間考古学者ビクターサリアニヂ(Victor Sarianidi)はその遠征に指導しました。彼の遠征ゴヌルデぺ町とゴヌルのオアシスを開かれた。この居留地はカラクム青銅時代の主要な居留地である。1990年にムルガブ渓谷で200以上の古代居留地が検出された。1990年から2012年まで発掘するのは続けた古代大都市は紀元年II – III千年日付を書いてある。この居留地では埋葬のう数量が多い。今日は3000以上の埋葬が検出した。その大きな部分は都市のネクロポリスにある。

今まで火の聖堂、水の聖堂、インペリアル墓地、町の墓地と食堂が発掘された。ごヌルの中央部分だけは、約25ヘクタールをとります。マルギアナは世界文明の一つとして認識された。ごヌルは紀元前16世紀まで続けた。その住民は、アラブの征服によって大きな打撃を受けて来た。豊かで豪華だった町には100メートルの長さのと60メートルの幅のプールが見つかった。

見つかった宝石細工と珍し建築は熟練したマスターの存在の証拠である。ごヌルに見つかった象牙の製品はマルグシがアジアの国と貿易関係があったの証拠です。マルギアナは作物を育てるための野原に囲まれた。

古代のメルブ(Merw) - エルクガラ、ギャウルガラ(Erkgala,Gyaurgala0バイラマリ都市の近く、ムルガブ川の岸にある、ゾロアスター教の <あウェスタ>と言う本に<ムルガフ>と記載される、古代メルブの廃墟のひれ伏しはべヒスツン岩の碑文にアケメネスの状態の領域と言われる、グレコーロマン地理学者はマルギアナ都市といわれた、中世の東の歴史家はマルやメルフ、今はこの都市はマリと呼ばれる。

エルクガラーErkgala古代のメルブの核と言われる。その直径はやく半分キロ、近寄る高い壁がめぐらせてある。古代の伝説によると、昔からのマリの要塞は神話所のスルタンタハマルタの順序によってたてられた。丘での発掘調査中にエルクガラは紀元前1世紀の3下層の考古学をみつけました。

メルブの両道はパルティア時代に拡張した。ぎゃウルガラのまわりにたくさん村と要塞都市があったり、園芸と売り栽培と農作は主な職業だった。チルブ

 

ルチは<40櫓の要塞>の意味です。遊牧民から守るために建設されたチルブルチ要塞都市は考古学者にとって強いところだった。要塞は紀元前I-II 世紀に建設された。この要塞都市にはマルギアナの今後の建築方法改良が両された。要塞はギャウルガラの3-3.5キロのところにある。四角の形で(200-230m -200m)建設されて、各壁には17-20メートルの櫓があった。

 

 

 

 

 

スルタンサンジャルの霊廟(Soltan Sanjar) ― 中世東洋の医大なモニュメントの一つ、 中央アジアの政治家と指導者の、状態の最後のスルタン - スルタンサンジャルの霊廟である。

マリにある霊廟は、本当にホラサンアーキテクチャの学校の比類のないてんけいである。霊廟をスルタンサンジャルに<あの世>と言われた。レシデッチン(XIV)はその霊廟を<世界で一番高いビール>と言われた。<この珍しいビールは、あまりにも強い,台無しされません。>とほかの歴史やは言われた。

ホジャユスフハマダ二のモスク - ホジャユスフハマダ二の霊廟の近くに紀元前XVI世紀に、東北のスルタンガラで建てられたり、メルブの偉大な建造物のランクに入る。

アブ- ヤクブ ユスフ いべん アユブはハマダン都市に生まれて、12世紀の前半にメルブに住んでいて、彼の死のあと、彼の墓の上に霊廟が建てられた。霊廟の南西に紀元前16世紀にモスクが建てられた。