Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

トルクメンの国民のダンス

ТУРКМЕНСКИЕ НАЦИОНАЛЬНЫЕ ТАНЦЫ

 

ТУРКМЕНСКИЕ НАЦИОНАЛЬНЫЕ ТАНЦЫトルクメンの国民のダンス - クシデピディダンスは文明の夜明けに登場しました。古代人の宗教てきな好み、様々な自然の現象や動物の習性を繰り返す、自然と調和した体の動きを合流するの起源を取ります。

クシデピディ (Kushtdepdi)- 若者のエネルギー踊りであって、迅速な動きますから、踊り人の大勢は若者デある。時々は成熟したや高齢者も踊れている。クシデピディの開始はメロディアスナ曲、全国のジャンルの最初の和音から初めて、その後男性と女性は踊り始めます。周囲の人はその動きを見て、拍手します。各の詩句“ガザル”(Gazal)の終わりに“エイーハ”(ey-ha)、“ウフーフ”(uh-hu)、“クシークシ”(kusht,kusht)と叫んでいる。踊っている時はその踊る人の手は触れるのわだめです。その歌を歌っている女と男は踊り人のセンターにいる。

徐々にダンスのリズムが治まり開始ます。女性は気づかないほどセンターで丸をしてスプーンと踊りを始めます。時々女性たちは“ハイーオレン”と言う歌を歌っています。このダンスは“カシクダンス”と呼ばれている。

その別種のダンスは “へクゲービョクシ”(hekge bokush)である。そのダンスの振り付けはカササギの動きを思い出せます。センターで踊り人は片足で踊れています。

“サルラナンーギョゼル”(Sallanan gozel) - このダンスはもっとも優雅な部分である。女性の動きは柳のエメラルド小枝を連想させます。“チヤパック”(Chapak)ダンスは結婚式にも実行されます。クシデピディやチヤパックダンスは古代のシャーマニズムの“悪霊の追放”を思い出せます。