Ваш браузер устарел. Рекомендуем обновить его до последней версии.

ウルゲンチ、古代のホレズムの首都。

Dashoguz Ургенч, столица древнего Хорезма.

ダショグズ県(welayat) ― トルクメニスタンの北に位置してあったり、歴史的と文化的な遺産として、幸せと威力の時代にすべてに開発している。また、モニュメントの複合体クニャウルゲンチ(Koneurgench)もダショグズ県の領土にある。2005年にニャウルゲンチは国連教育科学文化機関の世界遺産として書いた。

トレべッくハヌム(Torebekhanym) - 歴史的な人物である。伝説によると、彼女はホレズム(Horezm)の強大な支配者の妻だったり、その美しさでも有名だった。彼女は若くして死んで、彼女の墓の上にホレズムの一番良いマスターたちは彼女の魅力に立派な宮殿を建設された。霊廟はスフィー王朝のはかとして、XIV世紀に建てられた。

ウルゲンチ(Urgench)ー パルティアとギリシャバクトリャ(Persia and Greeco-Bactria)王国と同じ時代に創設した古代のホレズムは東の強大な国家の一つである。古代ギリシアの地り学者ストラボンにとっては、ホレズムの人は ― 離れてあるマッサゲット部族として、アラル海の南の岸にいる遊牧民である。かれらはマッサゲットの大部分の区別にだんだん定住なライフスタイルに切り替えしました。

彼らはアムダリャの水を節約するために大小の排水を建てられた、また灌漑建築もあ建てられた。結果には、灌漑の農業と定常なライフスタイルのために全部の契約が創造された。このような定住なところ、例えばトプラックガラ(Toprak-gala)、ガラリヂル(Galalydyr)、ガディムガラ(Gadym-gala)、マヌギルガラ(Mangyrgala)、古いワス(Old Was)は古代のホレズムの政治的や文化的かまどに変わりました。

1321-1336年にグテゥルッグテイムル(Gutlug Teymur)の支配した時にウルゲンチはそのピーク開花に達しました。市はモンゴルにあったよりもっと拡大しました。XIV 世紀の60年にウルゲンチは黄金軍団の独立の国家になった。その時はテイムルはマウェランナフルで新しい国家をできた、首都はサマルカンドだった。

 

 

 

 

 

グテゥルッグテイムルのミナレット(Gutlug Timur) ― “クニャウルゲンチ”歴史-文化リザーブの領土にある。ホレズムにいる黄金軍団の代理人の中央アジアで大きなミナレットはタッシガラ(Tash gala)の境界にある。その遠征形のやぐらは59,9メートル高さで、その上はさばまって、ほとんどの高さを保存した。

スルタンテケッシの霊廟 (SoltanTekesh)- “クニャウルゲンチ”歴史-文化リザーブの領土にある。その建設は29x39x6-6,5cmサイズの焼いた煉瓦と建てられて、12,5高さと11,45傍らの兵法クーポルのホールを差し出す。建物の正面玄関は北に調整された。

 

 

 

 

 

イリアルスランの霊廟(IL-Arslan) - “クニャウルゲンチ”歴史-文化リザーブの領土にある。これは、正面玄関の壮大なテラコッタの消息で知られている。これは、12世紀の後半にひつげされる。共通の高さは霊廟の壁の高さを2倍にちょうかしてくれる。イリアルスランの霊廟は中央アジアの最初の記念碑の一つである。